教える時間

■2016/10/26 教える時間
今日の最後にピアノのレッスンに来た男の子は、保育園に通うA君です。
今日は家からほとんどたった一人で教室まで来れたので、とても自信がついたらしく、レッスンの中身の計画も全部立ててくれました。
先週、風邪でお休みをした分の補講も入れて、今日のレッスンは60分の組み立てです。
まず、最初は復習をする。(前回までに合格した曲を5曲弾く)15分
次に、先生がボクを褒める時間。(頭を撫でながら)10分(結構長い…)
そして、次は、先生が新しい曲を教える時間。15分
そして、ボクを褒める時間。15分。
だそうです。
復習の時間では、昔にやった「ちょうちょう」「かっこう」を含め、易しいものを3曲と、残りの2曲は最近の発表会で弾いた曲を披露してくれました。
よっぽど練習に時間をかけた曲は、いつまでも忘れずに上手です。
そして、褒める時間は、前よりもどこがどのように良くなったのか、上手になったのか、を具体的に褒めました。そして、宿題ノートに書きました。私はこの頃、宿題ノートに書くことがたくさんになって、でも楽しみに書いています。
改めて、褒めるところを探そうとすると、譜読みが早くなったことや、指がよく動くようになったこと、左手のドミソの和音からドファラの和音に移る時の、2番と3番の入れ替えが早くなったことなど、迷わずできるようになって、成長を感じます。
私が教える時間もきちんとやりました。
最近は会社などでも、入社間もない社員に対して研修をするものの、求めているのは「教えなくていい人」「自分で計画や行動ができる人」だったりする傾向ってないですか?「もう、あの人ったら、何べんいってもわからないんだから!」「細かいことをいちいち言わないとわかってくれない」なんてイライラしてしまいたがち。
初めはみんな何もわからないところから始まるのです。わからないところがどこかもわからないから、上手く聞くこともできない人もいます。や
昔は、後輩に教えたがる上司が沢山いたように思います。人の面倒を見たがり、世話を焼きたがる、など。
全部できている人でなくていいのですよね。もっと人から話を聞いたり、教わったりしましょうよ。
そうやって細かく教わると、人に教える人になるのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
フォルティシモ音楽館
TEL:0120-55-9795
http://ff-ongakukan.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【二俣川駅前教室】
神奈川県横浜市旭区二俣川2-62
二俣川駅前ビル2F

【鶴ヶ峰ココロット教室】
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1
ココロット鶴ヶ峰4F
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/MPm6A3
Twitter:http://goo.gl/cG0mS3
mixi:http://goo.gl/LPfKpO
アメブロ:http://goo.gl/8vG6JB
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Top