リズムが苦手です。

■2016/10/28 リズムが苦手です。
今日は、楽器のレッスンをしている方とお話しする時間がありまして、なかなかリズムに乗れないとのこと。特に始めに休符があると、遅れてしまう…と困っているようでした。
私は丁度、少し時間が空いていましたので、楽譜を見せてもらいました。
確かに休符のところが、鉛筆で強くマルで囲まれていて、「よく数えること!」と書いてありました。
それで私は、「あっ、これですね。こういう場合、この休符は実は数えない方がイイですよ。」とお話ししました。「えっ、数えないんですか?」とビックリされていたので、「あっ、いや、心の中では数えますけど…うん!とは数えなくて…」と説明しているうちにとても可笑しくなって大笑いしました。
説明はこうです。
よく日本人がリズム感がわるいと批評されるのを聞いて、あまりいい気持ちはしないと思いますよね。日本人のリズムの数え方には、昔から特徴があって、
「イチ、二、サン、ハイ、」とか、「セーノ!」とかで一拍目を出るクセがついているのです。
ところが、外国人のリズムの取り方は、「アップ、ダウン」です。強い拍はダウン、弱い拍はアップです。そして、ダウンでは息を吐く、アップは息を吸う、です。
ですから強拍から出る曲を日本人風に言うと、「イチ、二、サン、(吸う)」になって最後の拍は心の中でカウントしつつ息を吸うのです。そうすると、一拍目でスンナリとダウンができるのですね。
もし、一拍目が休符なら前の小説から見て、(4拍子の設定では)「ダウン、アップ、ダウン、アップ、アップ」となって、息を吐いたり吸ったりし、一拍目でアップ(息を吸う)となるのですね。すると2拍めが出れる…わけですね。
かけっこの時にヨウイ、ドンを聞いてから足を出す準備に入るのと同じで、休みをようく数えてから出ると、誰でも出遅れてしまいます。
いつでも、サン、ハイ!の数え方に慣れるのはやめて、息でアップにするといいですね、とご説明いたしました。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
フォルティシモ音楽館
TEL:0120-55-9795
http://ff-ongakukan.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【二俣川駅前教室】
神奈川県横浜市旭区二俣川2-62
二俣川駅前ビル2F

【鶴ヶ峰ココロット教室】
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1
ココロット鶴ヶ峰4F
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/MPm6A3
Twitter:http://goo.gl/cG0mS3
mixi:http://goo.gl/LPfKpO
アメブロ:http://goo.gl/8vG6JB
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Top