お母さんと同じ気持ちで

■2017/03/26 お母さんと同じ気持ちで
私の教室では、今年の4月から小学生になる子がとても多い年です。
幼稚園や保育園の時代から、小学生になる…何とも言えない安堵の季節です。
まだ一年生では、ハラハラドキドキ、学校まで迷わないで行けるかしら、授業はちゃんと受けているかしら、先生に怒られていないかしら、帰りも真っ直ぐに帰れるかしら、と心配は尽きません。
ですが、高学年にもなるとだんだん手が離れて、お母さんの気持ちも安心と同時に遠のくのではないかしら、と思います。
先日、あるお母さんから「小学生になったのに、自分からピアノの練習をしない。親が言ってやるのもおかしな話なので、黙っていたらいつまでも全くやらない。興味がないのなら、辞めさせようと思っている」と言われました。
私は、小学生になったらお母さんが子供に練習を促すことがおかしな話なのか、声をかけずにずっと黙って見ていることが教育なのか、不思議に思いました。
私の子供が小学校受験をした時に、塾の先生から言われたことがあります。
「お母さん方、受験までの苦労や今の子供に向ける一生懸命な気持ちを、どうぞ6年間持ち続けてくださいね。子供の勉強は受験までで終わりではありませんから。」と。
ピアノの勉強も、小さい内はお母さんの家での協力がある子とない子、とても大きく違います。
しかし、小学生になるとお母さんの言葉に反抗したり素直でない時もあったりするので、家での練習ご足りなくなってきます。最初の譜読みなどは孤独な闘い、いくら慣れてきたとはいえ、じっくり腰を据えて取り組まなければならない難しい曲もあります。
そんな時、応援だけでもいいのです。アレコレと口を出すと親子喧嘩になってしまうこともあるでしょうから、ずっと付き添っていなくてもいいのです。
そこは上手く、お母さんのやり方で、つかず離れずで、助言をして欲しいのです。
1週間ぶりのレッスン日に、どんな練習をしてくるかで、レッスンも先生も、習う内容も全て違うものになるのです。次のステップへ早く行けます。
私はお母さんと同じ気持ちで子供達を育てます。
お母さん方も私と同じ気持ちで、共に子供を見守って欲しいと思います。


iPhoneから送信




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
フォルティシモ音楽館
TEL:0120-55-9795
http://ff-ongakukan.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【二俣川駅前教室】
神奈川県横浜市旭区二俣川2-62
二俣川駅前ビル2F

【鶴ヶ峰ココロット教室】
神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰2-82-1
ココロット鶴ヶ峰4F
----------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/MPm6A3
Twitter:http://goo.gl/cG0mS3
mixi:http://goo.gl/LPfKpO
アメブロ:http://goo.gl/8vG6JB
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Top